初心者必見!SBLOCK完全ガイド

NEOはエコシステム構築のために1億ドルの資金を調達

NEO1億$資金調達最新ニュース

Consensus2019にて1億ドルの資金を調達したNEO

こんなん見たらそりゃー調べますよエコシステムとやらを
大きな出資を受けたニュースが出ると価格が跳ね上がる最近の上昇トレンドでは
1億ドルの資金調達は期待度がとても高い!!!
Consensus 2019 NEO

NEOについて

・総発行枚数:100,000,000枚
・アプリやDAPPSなどの開発に使いやすい
・中国で人気!

NEO(ネオ):OfficialHP
dappsと新しいスマート契約の開発のためのコミュニティ主導のblockchainプロトコル
「スマート経済は」ただサポートし、NEOのエコシステムを拡大する資金100万$を受け取りました。

発表は、NEOの共同創設者Da HongfeiがNEOの次の段階を発表し、NEOエコシステムの成長と革新を支援するために設計された1億ドルのEcoBoostプログラムの詳細を明らかにした、ニューヨークのConsensus 2019イベントで行われました。
取り敢えず100万$段階的に1億$まで出てくるってことかな???

NEO
我々は発表してウキウキしている#NEOEcoBoost NEOの生態系に$ 100Mの資金を!目標は、シードプロジェクトをアクティブ化し、dAppの成長をサポートし、さらにdvlpインフラストラクチャを強化し、組織のコラボレーションを強化することです。NEOEcoBoostは、技術支援、コミュニティの相乗効果、プロモーションへの資金提供を超えて拡張します。

うん私もウキウキしてるノーポジだけどwwww
Consensus 2019でブチ上げた通貨多いよねー!
活気付いて嬉しいよ!BTCが逆ドレインされるくらい(´;ω;`)

NEO設計目標:スマートエコノミー

NEOは、分散ネットワークで「スマートエコノミー」を達成するために、資産をデジタル化するためのブロックチェーンテクノロジとデジタルIDの使用、デジタル資産の自己管理のためのスマートコントラクトの使用です。

DAPPSゲーム系と思ってて初めて公式HP見たんだよね
言わせて!凄いわww
丁寧すぎて読みたくなくなるwwwwww
説明がめちゃくちゃ親切!!
こんなけ説明しっかりしてたら人気だよね納得
1億ドル調達できますわwww

スマートな経済のための分散型ネットワーク

多様な開発言語が使えると人気のNEOのホワイトペーパーを読んでみる!

NEOの設計目標:スマートな経済

NEOは、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを使用した資産のデジタル化、スマートコントラクトを使用したデジタル資産の自己管理を行い、分散ネットワークで「スマートな経済」を実現します。

デジタルアセット

デジタルアセットは、電子データの形で存在するプログラマブルな資産です。ブロックチェーン技術により、資産のデジタル化は、分散化、トラストレス(信頼不要)、追跡可能、高い透明性、仲介者不要を可能にします。NEOブロックチェーンでは、複数のタイプのアセットを登録、取引、および流通することができます。デジタルアイデンティティによって、デジタルアセットと物理アセットの接続を証明することが可能です。検証されたデジタルIDで登録された資産は法律で保護されます。

NEOには、グローバルアセットとコントラクトアセットの2種類のデジタルアセットがあります。グローバルアセットはシステムスペースに記録することができ、すべてのスマートコントラクトやクライアントによって識別することができます。コントラクトアセットは、スマートコントラクトのプライベートストレージ領域に記録され、互換性のあるクライアントにそれらを認識させる必要があります。コントラクトアセットは、ほとんどのクライアントとの互換性を実現するために特定の基準に準拠します。

デジタルアイデンティティ

デジタルアイデンティティとは、個人、組織、および電子形式で存在する他のエンティティの身元情報を指します。より成熟したデジタルアイデンティティシステムは、PKI(公開鍵インフラストラクチャ)X.509標準に基づいています。NEOでは、一連のX.509互換デジタルアイデンティティ標準を実装します。互換性のあるX.509レベルの証明書の発行モデルに加えて、デジタルアイデンティティ標準のこのセットは、Web Of Trustのポイントツーポイント証明書発行モデルもサポートします。デジタルアイデンティティを発行または使用する際のアイデンティティの検証には、顔の特徴、指紋、音声、SMSなどのマルチファクタ認証方法の使用が含まれます。同時に、ブロックチェーンを使用してオンライン証明書ステータスプロトコル(OCSP)を置き換え、X.509証明書失効リスト(CRL)を管理および記録します。

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、1994年に暗号技術者のNick Szaboによって最初に提案されたもので、World Wide Webの発表からわずか5年後です。Szaboの定義によると:事前にプログラムされた条件がトリガされると、スマートコントラクトは対応する契約条件を実行します。Blockchain技術は、スマートコントラクトにとって非常に有用な、分散型で耐タンパー性が高く、信頼性の高いシステムを提供します。NEOには独立したスマートコントラクトシステムNeoContractがあります。

NeoContractのスマートコントラクトシステムは、既存の開発者エコシステムとのシームレスな統合が最大の特長です。開発者は新しいプログラミング言語を学ぶ必要がなく、使い慣れたIDE環境(Visual Studio、Eclipseなど)でC#、Javaなどの主流プログラミング言語を使用して、スマートコントラクトの開発、デバッグ、コンパイルを行うことができます。NEOのユニバーサル軽量仮想マシンNeoVMは、確実性、並行性、スケーラビリティが高いという利点があります。NeoContractのスマートコントラクトシステムは、世界中の何百万人もの開発者がスマートコントラクトの開発を迅速に実行できるようにします。NeoContractには、実装の詳細を記述した別のホワイトペーパーがあります。

アプリケーションとエコシステム

エコシステムはオープンソースコミュニティーの活力です。知的経済ネットワークの目標を達成するために、NEOはエコシステムの開発、成熟した開発ツールの提供、開発ドキュメントの改善、教育と訓練活動の組織化、財政支援の提供にコミットします。私たちは、以下のNEOベースのアプリケーションとエコロジーをサポートし、改善の設計や改善の実行に対して報酬を行う予定です。
↓WP/ホワイトペーパーが丁寧で長いので別記事へ!wじっくり読みたい方はみてね!↓